メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

「ユニクロ叩き」にモノ申す

政界往来  公開日時:2013-04-18

 

ユニクロは、ブラック企業ではなくグローバル企業?

さて、われらが東洋経済でユニクロ論争が熱を帯びていたが、フランスの彼方から勝手に参戦させてもらおう。というのもレバノンとかペルーとかなじみのない路線に転換したところ、まるで人気がなかったので、再び皆様のそばに帰ってくることにしたのである。

まず、(グローバルエリートは見た!の親愛なる読者を除く)皆さんは、ユニクロに対して怒りすぎである。ユニクロだけに批判が集中しているが、新入社員の半分どころではなく、8割が数年で辞めている企業はいくらでもある。厚生省の統計でも20代のサービス業は一番転職率が高い層だ。そして同業他社に限らず、某住宅販売大手の営業など、社員をこき使って社長と株主が大儲けしている企業はいくらでもある。

そしてなぜこれらの企業が大きくなるかというと、安価で値段の割には比較的良質な商品を提供し、消費者が便益を享受し… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線