メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 

 
プレー曜日
プレー料金
エリア

 

第96代・安倍改造内閣閣僚名簿

内閣総理大臣|安倍晋三

副総理、財務、金融|麻生太郎

内閣官房長官|菅 義偉

総務|高市早苗

法務|金田勝年

外務|岸田文雄

文部科学|松野博一

厚生労働|塩崎恭久

農林水産|山本有二

経済産業|世耕弘成

国土交通|石井啓一

環境|山本公一

防衛、安全保障法制|中谷 元 

復興|今村雅弘  

国家公安、行政改革|松本 純

沖縄・北方、科学技術|鶴保庸介

1億総活躍、女性活躍、拉致問題|加藤勝信

経済再生|石原伸晃

地方創生|山本幸三

五輪|丸川珠代

 

 

 

 

 

特定秘密保護法案

防空識別圏

G8とG20の違い

「0増5減」

集団的自衛権

吉田ドクトリン

解説:アメリカ大統領選挙

AIJ問題再発防止のための中間報告(PDF)

小沢裁判無罪判決全文

陸山会事件の検察虚偽報告書

在日米軍再編見直しの共同文書

問責決議

尖閣諸島

維新八策(大阪維新の会)

薄熙来

齟齬(そご)

芦田修正

船中八策

「定時降下物環境放射能測定結果」

北方領土問題

大阪維新の会

ブータン王国

中庸

FTA

TPP

国家公務員宿舎法

検察審査会

水谷建設

国際地理オリンピック日本実行委員会

総合資源エネルギー調査会

エネルギー・環境会議

 

 

「政界往来」編集部は、会員の皆様からの情報提供・投稿をお待ちしています。

 

 

 

 

政治 / POLITICS

米国を標的に… 中国サイバー部隊の実力

政界往来  公開日時:2013-03-31

 

 標的は米国の「正義」と「頭脳」だった――。米メディアや成長産業を狙ったサイバー攻撃が相次いでいる。中国軍が関与している疑いが濃厚だ。サイバー空間で中国はどこまで力をつけているのか。最前線の動きを追った。

■「サイバー攻撃拠点」のビルを訪れると…

 「過来(こっちにこい)」――。2月下旬、上海浦東地区にある12階建てビルを訪れ、デジタルカメラを向けた瞬間、駆け出してきた3人の私服の男に取り囲まれた。腕をがっちりつかまれ、有無をいわせずビル敷地内に連れて行かれる。身分証明書や携帯電話の番号を調べられたうえ、顔写真まで撮影された。画像データが入っているSDメモリーカードをカメラから抜き取られ、没収された。

 ようやく解放された後、離れた場所からビルを見ると、壁には「科技強軍固我長城」(科学技術で軍を強化し、国防を固めよう)など勇ましい標語がずらりと張られている。ビルの周囲は迷彩服や私服の男らが目を光らせ、徘徊している。

 このビルは米セキュリティー会社のマンディアント社が2月19日に公表した報告書によって、一躍注目されるようになった。マンディアントはハッカー集団の侵入経路をたどり、米国の政府機関や企業を主に攻撃対象とするハッカー集団が人民解放軍総参謀部第三部の「61398部隊」である可能性が高いと結論づけた。中国軍の関与は以前からささやかれていたことだが、部隊名まで突き止めて具体的に指摘したのは初めてのことだ。

 厳戒態勢にあるこのビルが、61398部隊の活動拠点と名指しされた建物だ。

 国際問題に発展しかねない異例の報告書を公にしたきっかけは、昨年10月25日、米紙ニューヨーク・タイムズによる中国前首相、温家宝一族の巨額蓄財疑惑の報道。記事の掲載直後から、サイバー攻撃が始まった。NYタイムズから依頼を受けたマンディアントはハッカーを泳がせな… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線