メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

芸能人や政治家の個人情報がネットに掲載、信用調査機関から流出か

政界往来  公開日時:2013-04-17

 

米国の有名人の社会保障番号や住所、クレジットカード番号などを含む信用報告書の情報が、ハッカー集団のWebサイトに掲載された。

 ビヨンセ、アーノルド・シュワルツェネッガー、ヒラリー・クリントン米前国務長官といった有名人の個人情報が流出し、ハッカー集団が開設したWebサイトに掲載された。情報は米大手信用調査機関から流出したとみられる。セキュリティ企業のSophosがブログで伝えた。

 それによると、流出したのはメル・ギブソンやパリス・ヒルトンといった芸能人や、バイデン副大統領、オバマ大統領夫人など米政界関係者、警察トップなどの個人情報。社会保障番号や住所、クレジットカード番号などを含む信用報告書の内容がWebサイトに掲載されたという。

 この情報は、米国の大手信用調査機関EquifaxとTransUnion、Experianの3社から流出した疑いが持たれている。Bloomb… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線