メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

「丸源ビル」の川本源司郎容疑者の逮捕が突きつけた「脱税と節税は紙一重」

政界往来  公開日時:2013-04-01

 

 東京・銀座や福岡・中洲で多数の飲食ビルを経営する丸源グループのオーナー、川本源司郎氏(81)が3月5日、法人税の支払いをのがれたとして、法人税法違反の容疑で東京地検特捜部に逮捕された。丸源ビルグループは、赤字申告をして、法人税を払ったことがないことでつとに有名な会社である。上手の手から水が漏れたのか。国税の執念が実ったのか。脱税と節税が紙一重であることを見せつけた事件だった。

<国税に対して「全戦全勝」と豪語>
 東京地検特捜部の発表によると、グループ企業である東京商事にテナント料を集約、一部の賃料を売り上げから除外したり、所有するビルを売却したように装って架空損失を計上するという手口で、2011年12月期までの3年間に約28億8,400万円の法人所得を隠し、約8億2,000万円を脱税していたとされる。東京商事は昨年4月に清算している。

 「節税はゲーム」とうそぶく川本氏を… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線