メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

PGM「敵対的TOB不成立」の舞台裏

編集部  公開日時:2013-03-13

 

水面下で動いた“村上ファンド”戦いは第2のステージへ

 ゴルフ場運営会社PGMが、アコーディア・ゴルフに仕掛けた敵対的TOBは不成立となった。その裏には、“村上ファンド”の残党の介入があった、と言われる。この“騒動”これで終わったわけではない。

 ゴルフ場業界の2強の対決――2位のPGMホールディングスが、首位のアコーディア・ゴルフに仕掛けた敵対的TOBは不成立に終わったことは既報した。
 実はこのTOBは、関係者の間では成立が確実だ、と観測されていた。
 ところが、あに反して不成立となったわけだが、その裏には“村上ファンド”の存在がいたという。
“村上ファンド”とは、懐かしい名前だが正確に言えば、村上ファンドの“残党”の投資会社だ。

 この問題に詳しいジャーナリストが言う。
「それは、旧村上ファンドの総帥・村上世彰氏の側近で固めている“レノ”という会社」
 と… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線