メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

元理事が告発する日本最大の日本舞踊「花柳流」4代目家元の横暴

編集部  公開日時:2013-03-01

 

3代目の葬儀の席上“勝手”に4代目を名乗る

 日本舞踊の「花柳流」といえば、門弟は全国に2万人を数える日本舞踊の流派において最大のもの。
 現在の家元は4代目花柳壽輔こと花柳寛氏だが、家元の襲名は認められないものであり、また同氏の横暴ぶりについて、元理事が告発、裁判に発展する事態になっている。「花柳流」の内部には一体、何が起きているのか――。


「私は18歳から花柳流3代目家元の花柳若葉のところで、内弟子として生活を共にしながら修行を積んできました。そういう関係だったので、3代目の後継は誰になるのかということを知っていたのです。
 しかし、4代目花柳壽輔こと花柳寛氏(81)が、勝手に4代目を継ぐと宣言してしまった。彼の横暴を許しては、100年以上の歴史を持つ花柳流は壊れてしまいます。
 3代目の死によって、花柳流の内部ではいったい何が起きていたのか、どうして裁判に発展す… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線