メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

「則天学園」が取得した問題の太閤坦・東山コースに新たな動き

編集部  公開日時:2013-02-26

 

疑惑の物件を西本願寺が購入?

 破たんした京都東山観光が経営していたゴルフ場「太閤坦」(たいこうだいら)東山コースを巡っての数々の疑惑。弊サイトでは昨年詳報したが、今年に入って新たな動きが出てきた。
 それがまた“怪しい”話で、さて真実のほどは?


 問題の東山コースは、こんな形で推移した。
 同ゴルフ場の1番抵当はアトリウムなる会社だった。これをサービサーである都債権回収(株)(京都市下京区)が買い取った。
 その後、同社は約3億4000万で自己競落し、則天学園(大阪市大正区)に売却した。
 これだけ見てもなんの疑惑はない。ところが取材を進めると、次々と不透明な事実が噴出してきたのである。
 もともと同ゴルフ場には、某組織の“フロント企業”Lの暴力マネーが入っていた。そして、買い取った都債権回収に購入資金を提供したのが、そのLだと言われている。

 前述したよ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線