メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

記者会見「菅野バネッサさん東京電力を訴える」

政界往来  公開日時:2013-03-01

 

 2013年2月20日(水)16時から、東京都千代田区の参議院議員会館で、「菅野バネッサさん東京電力を訴える」と題した記者会見が行われた。今回、東電に賠償を求めた菅野バネッサ氏は、福島第一原発事故の影響で生活が立ち行かなくなり、2011年6月、自ら命を断った相馬市の酪農家、菅野重清氏の妻である。今年の3月に、東電に対して、約1億1千万円の補償を求めることになりそうだ。バネッサ氏は会見で、「自分のことはどうでもいい。子どもの将来が一番大事」と、涙ながらに訴えた。

■出席者 菅野バネッサ氏、保田行雄氏(弁護士)、四ノ宮浩氏(映画監督)、有田芳生氏(参議院議員)


 福島県相馬市で酪農業を営んでいた菅野氏は、2011年の6月、「原発さえなければ」と堆肥小屋の壁に書き残し、56歳で自ら命を絶った。その堆肥小屋は、堆肥販売を拡充するため、原発事故の二ヶ月前に、借金をして建てたばかりのも… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線