メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

国際的スキャンダルに発展する可能性が高いUE社の“カジノリゾート開発疑惑” 

編集部  公開日時:2013-02-13

 

この問題に絡み“疑惑”の代議士が急浮上!

 パチスロ会社、「ユニバーサルエンターテイメント」(以下、UE社)の100%子会社・アルゼUSAが香港の子会社を通じて、フィリピンの娯楽賭博公社の顧問の会社に、巨額な資金を送金した問題が、すぐにでもハジける様相の中、この問題に絡んで疑惑の代議士が浮上してきた。


 UE社がフィリピンで手掛けているカジノリゾート開発疑惑が、国際的なスキャンダルに発展する雲行きだ。

 この疑惑はUE社の子会社から、フィリピン・カジノ規制当局の顧問に約37億2000万円の巨額な不透明な資金が送金されていた、というもの。

「UE社はカジノライセンスの許認可権を持つ比政府高官に対して、接待を繰り返していたことが明らかになっています。さらに政府高官周辺への不明朗な資金が流れていたことも発覚しています。
 一連の疑惑については、比・国家警察のほか米の… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線