メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

韓国系ファンドが日本のコーヒーチェーン店を買収

編集部  公開日時:2013-02-13

 

コメダコーヒー店売上高90億円、営業利益23億円(12年2月期)の有名喫茶店チェーン

 日本の企業が韓国系ファンドに、近々買収される気配だ。日本と韓国経済の“現在”を示す象徴的な話である。買収される企業は喫茶店チェーンを展開する「コメダ」。喫茶店といっても、12年2月期の決算で90億円の売り上げを誇る企業だ。


 韓国系ファンドのMBKパートナーズは、喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」を展開するコメダ(本社・名古屋市)を買収する方針だ、という。

「コメダ株の約8割を保有する国内最大手の買収ファンド・アドバンテッジパートナーズ(AP)と最終調整に入っている段階」(全国紙経済部記者)

 買収額は400億円規模になる見通しだ、という。

 喫茶店チェーンと言ってもあなどるなかれ、コメダ珈琲店は1968年に、名古屋で創業された有名企業だ。08年にAPが創業者から株を買い取… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線