メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

震災後もぶくぶく膨張 大企業は内部留保吐き出せ

政界往来  公開日時:2013-02-13

 

前年比1兆円増の267兆円

◆電気料金値上げ、電機リストラは必要ない!
電力各社がきのう(24日)、3月分の電気料金値上げを発表した。東京電力は6カ月ぶり、関西電力は7カ月ぶりに引き上げるというのだが、値上げなんて必要なのか。電力会社はいまだとんでもない金額の内部留保を抱え込んでいるのだ。


全労連・労働総研がまとめた「2013年 国民春闘白書」のデータにはオドロキだ。
12年3月期の内部留保額をみると、東電5・2兆円、関電2・6兆円、中部電1・8兆円、九電1・3兆円。前年より2兆円以上も増えた東電は、「増加分は原子力損害賠償引当金によるもので、資産は切り崩している」(担当者)と話したが、それにしたって、各社すさまじい金額だ。

海外勢に押されて、大リストラが相次いだ電機業界もベラボーで、4万人削減のパナソニックは3・3兆円、1万人削減のソニーも2・6兆円といった具合… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線