政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • 西日本では7日午前、北陸から九州南部に停滞する前線が活発となり、激しい雨が降った。気象庁は京都、兵庫、鳥取、岡山、広島、福岡、佐賀、長崎の8府県の一部や大半の地域に6日発表した大雨特別警報を継続。土砂災害や河川の増水、低地の浸水に最大級の警戒を行い、早めに避難するなど、安全を確保するよう呼び掛けた。気象庁によると、前線は西日本から東日本に延び、北陸の前線上にある低気圧が8日にかけて北東へ進む見込み。大雨の範囲は北海道や東北まで広がるとみられ、竜巻・突風や落雷にも注意が必要(7/7)
  • 法務省は6日、1989年の坂本堤弁護士一家殺害や94~95年の松本、地下鉄両サリンなどオウム真理教が引き起こした一連の事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定した教祖の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63)(東京拘置所)ら教団元幹部の死刑囚7人の刑を、東京、大阪など計4か所の拘置所で執行した。松本死刑囚のほかに刑が執行されたのは、土谷正実(53)、遠藤誠一(58)(以上、東京拘置所)、新実智光(54)、井上嘉浩(48)(以上、大阪拘置所)、中川智正(55)(広島拘置所)、早川紀代秀(68)(福岡拘置所)の各死刑囚(7/6)
  • 米東部メリーランド州アナポリスの新聞社キャピタル・ガゼットの事務所に28日、銃を持った男が押し入って発砲し、警察当局者によると、5人が死亡した。負傷者も数人いる。警察は容疑者の男を拘束した。動機を追及している。事件当時、現場にいた同紙の事件担当記者はツイッターに、男が事務所の外からガラスのドアを撃ち、スタッフに発砲したと書き込んだ。この記者は机の下に隠れ、容疑者の男が銃弾を装填する音を聞いたという。地元警察は、ソーシャルメディアを通じて新聞社を脅迫するメッセージが届いていたことを明らかにした(6/29)
  • 大きな揺れが、都市機能を一瞬で混乱に陥れた。大阪府北部を震源に、最大震度6弱を観測した18日朝の地震。各地で建物倒壊や火災が起き、死者やけが人も相次いでいる。消防には、エレベーターに閉じ込められた人からの救助要請が殺到。週明けの都心を襲った災害の全貌はいまだ明らかにならず、自治体や警察は情報収集に追われた。大阪府周辺で降水量が100mmを超える予想を計算している気象予測モデルもあるため、地震で地盤が緩んでるところでは土砂災害の危険性があります。しばらくは急な斜面などには近づかないようにしてください(6/18)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第90回アカデミー賞('18/3/4)

 

                                           

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線