政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • 10月に「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」で即位を宣明した天皇陛下と皇后さまは11月10日午後、東京都内でパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」に臨まれる。当初は即位礼正殿の儀の日にあわせて予定されていたが、台風の甚大な被害を考慮して、この日に延期されたものだ。両陛下は、パレードで多くの国民から直接、祝福を受けられる。パレード開始は、午後3時から、両陛下はスタート地点の皇居・宮殿前で、オープンカーに乗り込み、皇居・正門をゆっくりと出発される。一般の国民が直接見られるのは、この正門を出た後からだ。(11/10)
  • 台風19号の被害は、共同通信の集計で2日までに、死者は13都県88人(災害関連死を含む)、行方不明者は7人に上る。同日現在、内閣府によると、低気圧の影響などによる千葉県や福島県での豪雨もあり、3372人が避難所での生活を余儀なくされている。総務省消防庁によると、確認された住宅被害は8万棟余り。内訳は全半壊が16都県6877棟、一部損壊が27都道府県6697棟。床上浸水は17都県3万2092棟、床下浸水は20都県3万6140棟。厚生労働省によると、2県355戸で断水している(11/2)
  • 那覇市の首里城で木造3階建ての正殿などが焼失した火災で、発生直後に正殿1階で炎が噴き上がる映像が防犯カメラに記録されていたことが2日、分かった。沖縄県警は、警備員らの証言も踏まえ、正殿1階が火元とほぼ断定。炎が上がっていた北側を中心に実況見分を進め、出火原因の特定を急ぐ。正殿1階の北側付近に配電設備が設置されていることも関係者への取材で新たに判明。県警は火災との関連の有無を慎重に調べる。捜査関係者によると、正殿内に外部から侵入した形跡はなく、県警は放火の可能性は低いとみている(11/2)
  • 天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が22日、皇居・宮殿「松の間」で行われる。世界約180カ国と国際機関の代表らを含む国内外の賓客約2千人が出席する見通し。同日夜には、賓客らを招いて祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が開かれる。天皇、皇后両陛下が皇居から赤坂御所までパレードする「祝賀御列の儀」は即位礼正殿の儀の後に予定されていたが、政府は台風19号による災害対応に万全を期すため、11月10日に延期した(10/22)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第90回アカデミー賞('18/3/4)

 

                                           

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線