政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • 米地質調査所(USGS)によると、インドネシア・バリ島の東隣にある西ヌサトゥンガラ州ロンボク島で5日午後7時46分(日本時間同8時46分)ごろ、マグニチュード(M)6.9の地震があり、国家災害対策庁によるとロンボク島で少なくとも91人が死亡した。負傷者は200人超で、千以上の建物が損壊。同島では9~13センチの津波が観測された。死傷者はさらに増える恐れがある。在インドネシア日本大使館によると、日本人が死傷したとの情報は寄せられていない。震源はロンボク島にある州都マタラムの北東約49.3キロで、震源の深さは31キロ(8/6)
  • 日本大は30日、アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨元コーチ(29)の2人を懲戒解雇することを決めた。日大関係者が明らかにした。事実解明などを目的に設置された第三者委員会(委員長=勝丸充啓弁護士)の最終報告書で、改めて悪質タックルの指示の認定や指導体制に原因があったことが指摘されたことを受けて判断した。第三者委員会が30日午前、日大に最終報告書を提出した。関係者によると、経営トップの田中英寿理事長が反則行為に関する事実関係を学内で十分に調査しようとせず、説明責任を果たせなかったことが混乱を招いた一因だと踏み込んだ(7/30)
  • 西日本では7日午前、北陸から九州南部に停滞する前線が活発となり、激しい雨が降った。気象庁は京都、兵庫、鳥取、岡山、広島、福岡、佐賀、長崎の8府県の一部や大半の地域に6日発表した大雨特別警報を継続。土砂災害や河川の増水、低地の浸水に最大級の警戒を行い、早めに避難するなど、安全を確保するよう呼び掛けた。気象庁によると、前線は西日本から東日本に延び、北陸の前線上にある低気圧が8日にかけて北東へ進む見込み。大雨の範囲は北海道や東北まで広がるとみられ、竜巻・突風や落雷にも注意が必要(7/7)
  • 法務省は6日、1989年の坂本堤弁護士一家殺害や94~95年の松本、地下鉄両サリンなどオウム真理教が引き起こした一連の事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定した教祖の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63)(東京拘置所)ら教団元幹部の死刑囚7人の刑を、東京、大阪など計4か所の拘置所で執行した。松本死刑囚のほかに刑が執行されたのは、土谷正実(53)、遠藤誠一(58)(以上、東京拘置所)、新実智光(54)、井上嘉浩(48)(以上、大阪拘置所)、中川智正(55)(広島拘置所)、早川紀代秀(68)(福岡拘置所)の各死刑囚(7/6)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第90回アカデミー賞('18/3/4)

 

                                           

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線