政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • 18日午前10時半ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(3階建て)で男が放火し、爆発を伴う火災が発生した。京都府警によると、33人(男性12人、女性20人、不明1人)が死亡、男を含む36人が病院に搬送され、17人が入院した。建物内には男も含め76人がいたといい、残る7人は無事だった。警察庁によると、放火事件の被害者数では平成以降、最悪という。同社の八田英明社長によると、第1スタジオは普段、専用カードを使って出入りするセキュリティーがとられているが、この日は朝から打ち合わせがあり、来客のためシステムを解除していたという(7/18)
  • 政府が、ジュネーブで23、24日に開かれる世界貿易機関(WTO)の一般理事会に外務省の山上信吾経済局長を出席させ、韓国向け半導体材料の輸出管理強化について日本の正当性を訴える方向であることが17日、分かった。山上氏は、加盟国が韓国の主張に影響されないように今回の措置が輸出禁止でなく、どの国にも一定の裁量が認められた安全保障上の輸出管理であることを伝え、自由貿易の原則に反しないことを論理的に説明するとみられる。(7/17)
  • 債務危機後の自主再建を進めるギリシャで7日、一院制議会(定数300)を改選する総選挙が行われ、即日開票された。内務省の集計によると、開票率約98%の段階で最大野党の中道右派、新民主主義党(ND)が約40%を得票し158議席を獲得、政権交代が決まった。NDのミツォタキス党首は7日夜、勝利宣言し「全ての国民のための首相になる」と述べた(7/8)
  • 大雨時に災害発生の危険度や避難を判断する材料として、気象庁はホームページ上で一般に公開している「危険度分布」の活用を呼びかけている。危険度分布は全国を1キロ四方に区分。浸水、土砂災害、洪水の三つの災害について、それぞれ1時間後、2時間後、3時間後の発生予測を地図上に5段階で色分けして示している。無色、黄、赤、薄紫、濃い紫の順に危険度が上がる。更新の頻度は10分。気象庁は「行政の指示を待つことなく、自ら危険度分布に注意を払い、『薄紫』で確実に避難してほしい」としている(7/4)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第90回アカデミー賞('18/3/4)

 

                                           

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線