政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は20日に開いた朝鮮労働党の中央委員会総会で、21日から核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を中止すると表明した。核実験場の廃棄も発表した。米国のトランプ大統領は「大きな進展」と評価しており、米朝首脳会談への弾みとなるとみられる。ただ「非核化」については、国際社会が求める核放棄の道筋に言及しなかった(4/20)
  • 安倍晋三首相は17日午後、米南部フロリダ州パームビーチに向け、政府専用機で羽田空港を出発した。現地時間の17、18両日にトランプ米大統領と会談し、5~6月初旬の米朝首脳会談に向けた対処方針や米国による環太平洋連携協定(TPP)復帰の可能性などについて意見交換する。出発に先立ち、首相は官邸で記者団に「北朝鮮、経済の問題について日米の連携を確認し、強固な日米同盟の絆を発信していきたい」と強調。拉致問題に関しても「解決に向かって前進するよう全力を尽くす。トランプ大統領と擦り合わせたい」と述べた(4/17)
  • トランプ米大統領は13日夜(日本時間14日午前)、シリアの化学兵器使用疑惑を巡ってシリアに対する攻撃を命令したと発表した。英仏も参加し攻撃はすでに実行されているといい、トランプ氏は「シリアの化学兵器使用を止めるまで対応を継続する」と述べた(4/14)
  • 政府は今年度、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)の基点となる国境離島の私有地に関する初の実態調査を実施する。「保全上重要な土地」を指定する制度を作り、土地の保全策を講じる方針だ。安全保障上の脅威になり得る土地取引の監視を強め、領海の保全や海洋権益の確保を図る狙いがある。調査は、今後5年間の海洋政策の指針となる次期海洋基本計画の柱の一つである「国境離島の保全管理」の具体策として実施する(4/8)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第90回アカデミー賞('18/3/4)

 

                                           

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線