政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • イラクとイランの国境地帯で12日午後(日本時間13日未明)、米地質調査所(USGS)の観測でマグニチュード(M)7.3の地震があった。イランのメディアは13日、国内での死者が328人、負傷者は約4000人に達したと伝えた。イラクのクルド系メディアによれば、イラク北部クルド人自治区でも少なくとも7人が死亡、300人が負傷し病院に搬送された。震源はイラク北東部ハラブジャの南西30キロで、震源の深さは25キロ。M5.3の余震も続いた。国境を挟んだイラン西部では複数の町や村で建物が損壊し、停電も発生(11/13)
  • トランプ米大統領は5日、米軍横田基地(東京都福生市など)に大統領専用機で到着し、日中韓などアジア5カ国歴訪をスタートさせた。7日までの日本滞在中には、安倍晋三首相との日米首脳会談に臨むほか、北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会する。核・ミサイル開発を繰り返す北朝鮮の脅威に、日米が一致して対応する姿勢を改めて確認する(11/5)
  • 衆院は1日午後の本会議で行った首相指名選挙で、安倍晋三自民党総裁を第98代首相に選出した。安倍氏が312票と定数465の3分の2超の得票を集めた。立憲民主党の枝野幸男代表は60票、希望の党の渡辺周元副防衛相は51票、民進党の大塚耕平代表が16票だった。その後の参院本会議でも選出された後、首相は皇居での首相任命式や閣僚認証式を経て、公明党との連立政権による第4次安倍内閣を夜に発足させる。全閣僚を再任する方針(11/1)
  • 衆院選で自民党は単独で過半数(233)を上回り、絶対安定多数(261)を確保。公明党とあわせて300議席を超え、改憲の国会発議に必要な3分の2(310)を上回った。野党第1党は立憲民主党となった。衆院新勢力、自民284、立憲55、希望50、公明29、共産12、維新11、社民2、こころ0、諸派0、無所属22(10/23)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第88回アカデミー賞('16/2/28)

 

                                           

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線