政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • 衆院は14日午後の本会議で解散された。政府はその後の臨時閣議で衆院選日程を「19日公示、31日投開票」と決定。政府の新型コロナウイルス対策や今後の経済政策が争点となるほか、9年近く続いた安倍、菅両政権の政治姿勢も問われそうだ。岸田文雄首相は成長と分配の好循環による「新しい資本主義」を掲げる。野党は先の自民党総裁選で格差是正を主張しながら、富裕層中心の金融所得課税強化を先送りした首相の判断を問う。21日の衆院議員任期満了を越えての衆院選は現憲法下で初(10/14)
  • 7日午後10時41分ごろ、東京都と埼玉県で震度5強を観測する地震があった。千葉県や神奈川県でも震度5弱を記録した。気象庁によると、東京23区で震度5強を観測するのは2011年の東日本大震災以来。震源地は千葉県北西部で、震源の深さは75キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・9と推定される。津波の心配はないという。今後1週間で同規模の地震が発生する可能性があり、気象庁は注意を呼びかけている。東京都と千葉、埼玉、神奈川の首都圏3県では、この地震で計51人がけがをしており、少なくとも4人が重傷という(10/8)
  • 自民党総裁選の勝利から一夜明けた30日、岸田文雄新総裁(64)が本格的に始動した。10月1日に党役員人事を正式決定する方針で、同4日に発足させる新内閣を含めた人事の調整に入っている。二階幹事長の後任には、麻生派の甘利明税制調査会長(72)を起用する方向で最終調整している。岸田氏は30日午前、自民党本部入りし、記者団に対し「就任してやることがいっぱいある。日程も窮屈な状況なので、めまぐるしく活動を始めている」と語った(9/30)
  • 自民党総裁選は17日告示ー29日投開票の日程で実施される。国会で過半数を持つ自民党の新しい党首は、次の首相になる。任期は2024年9月末までの3年間で、新内閣は10月初めにも発足する。10月21日には衆院議員の任期満了を迎え、来年夏には参院選がある。現時点では3人以上が争う見通しで、誰が勝つのかは予断を許さない(9/7)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第90回アカデミー賞('18/3/4                                

 

          

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線