政界往来 トップイメージ

政界往来編集部からのお知らせ

《政治》《経済》《社会》《文化》最新ニュース

  • 東京電力の原発事故で旧経営陣3人に無罪判決が言い渡されたことを受け、事故の被害者でつくる福島原発告訴団も19日に記者会見した。団長の武藤類子さん(66)は「あれだけ証拠がありながら罪に問えないのか。裁判官は福島の被害に真摯(しんし)に向き合ったのか」と憤り、検察官役の指定弁護士に控訴するよう求めた。告訴団の一員で、被害者参加代理人として裁判を見届けた海渡雄一弁護士は、判決が政府機関の地震予測「長期評価」の信頼性を疑問視したことに触れ、「証人尋問の結果とは全く反する。都合の良い部分だけをつまみ食いした」と批判。「これほどひどい判決が出るとは予想していなかった。絶対に取り消されるべきだ」と語気を強めた(9/19)
  • サウジアラビアは18日、同国の石油施設への攻撃は北方から行われ、「イランによって疑いなく支援されていた」と発表した。ただ、具体的な発射地点は特定できていないという。14日に起きた攻撃では、サウジ東部にある石油関連施設2か所が甚大な被害を受け、同国の原油生産の約50%が停止した。国連(UN)の外交官らによれば、同国では専門家チームが主導する国際調査が行われる見通し(9/18)
  • 東京電力ホールディングスは11日夜、台風15号による大規模停電の全面復旧は13日以降になる見通しだと発表した。なお約40万軒が停電している。送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。また、初動の甘さによる作業の遅れも指摘されている。安倍晋三首相は11日の改造内閣発足を受けた記者会見の冒頭で「一刻も早いライフラインの復旧に全力をあげていく」(9/12)
  • 第4次安倍再改造内閣は11日午後、皇居での認証式を終えて発足した。安倍晋三首相は官邸で記者会見し、政権の骨格を維持し、安定した基盤で政権運営に当たると表明。自民党主導で憲法改正論議を進めるとした上で「困難でも必ず成し遂げる決意だ」と訴えた。社会保障改革の司令塔として、全世代型社会保障改革検討会議を設け、来週にも第1回会合を開催する(9/11)
  • カテゴリ別写真【政治】東日本大震災('11/3/11)【経済】熊本地震('16/4/14)【社会】米の歴史上最悪の銃乱射事件('17/10/3)【文化】第90回アカデミー賞('18/3/4)

 

                                           

 

 

さらにご覧になりたいときは、各カテゴリのトップページへ

政治 | 経済 | 社会 | 文化

月刊「政界往来」バックナンバー

区切り線